)Ghosn,Gone with the Money(86)

ゴーンはスヘイル・バウワン氏からは30億円の借金があり、その返済(?)のために35億円を「中東日産」からスヘイル・バウマン氏の「SBA」に2012年~2018年にかけて送金している。 更には「SBA」の経理担当幹部からは、40億円が、ゴーンの「GF…

Ghosn,Gone with the Money(85)

ゴーンのことはフランスにおいてもいろいろとボロが出てきている様であるが、一緒にいた妻の携帯やパスポートも押収されている。ゴーン一家一団となって、ルノーと日産から金をむしり取っていた構図のようだ。 オマーンへ不適切支出か=ゴーン被告、ルノーが…

Ghosn,Gone with the Money(84)

日仏連合内の執行兼務禁止、権限を分散 日産特別委が提言 2019/3/27 23:09 日本経済新聞 電子版 日産自動車が企業統治改善に向けて設置した「ガバナンス改善特別委員会」は27日、カルロス・ゴーン被告を巡る一連の不正の原因を「1人の取締役に権限が集中し…

osn,Gone with the Money(83)

「経営の監視機能を強化するため、取締役の過半数を社外取締役にすることも盛り込んだ。」としているが、本当に社外取締役設置が監視機能を強化することになるのか。 監視機能を発揮しなかったと言う例も存在している。 社外取締役は役立たず? 不正見逃しに…

Ghosn,Gone with the Money(82)

ゴーンに関する今後の推移は、全て司法の手に委ねられたわけだ。正直者が馬鹿を見ないように、正しい処罰が下されるよう、後は見守るしかない。ゴーンに対して正しい処罰が下されるように、推移を見守ってゆくことにしよう。 まあこの件でフランス政府、と言…

Ghosn,Gone with the Money(81)

ゴーン前会長の初公判 9月に開く方向で協議 東京地裁 2019年3月20日 17時52分ゴーン前会長 日産自動車のカルロス・ゴーン前会長の事件で、東京地方裁判所がことし9月に初公判を開く方向で協議を進める考えを検察と弁護団に示したことが、関係者への取材で…

Ghosn,Gone with the Money(80)

日中は弁護士事務所で過ごさせるべきであった。ゴーンはせっせと、証拠隠滅を図っているのではないのかな。困ったことである。検察は早くゴーンのボロを掴む必要があろう。 沈黙のゴーン被告 連日外出し悠々 検察は証拠隠滅警戒 2019.3.16 20:25 社会 事件・…

Ghosn,Gone with the Money(79)

フランスのデモ、凱旋門で衝突 18週目、過激派が店を破壊 2019/3/16 21:42 ©一般社団法人共同通信社 16日、パリ中心部で燃えさかるバリケード(ロイター=共同) 【パリ共同】フランスでマクロン政権に抗議する黄色いベスト運動のデモが16日、18週連続で行わ…

Ghosn,Gone with the Money(78)

ただ、戦略的な販売目標を目指すには、駒が不足している。これもゴーンの蒔いた種と言われているが、ルノーも日産も魅力的なクルマ作りに、先ずは、取り掛かる必要があろう。特に北米は深刻だ、と言う。 日仏連合「1400万台」数値主義を修正へ 焦点は米国 20…

Ghosn,Gone with the Money(77)

ちなみにゴーンの記者会見は、諸準備に手間取り4月中旬頃となりそうだ。3月25日のニュースでは、発言内容でボロを出さないように色々と精査しているので、時間がかかっていると言っていた。 そんな話はさておき、ルノーやスナールの究極の目的は、日産の子…

Ghosn,Gone with the Money(76)

ゴーンが「日産は大丈夫か」と心配するのも、あながち間違いでもなさそうだ。 まあ人のことを心配するよりも、自分のことを心配する方が大切なのでは、ゴーンさんは? ゴーン被告「日産は大丈夫か」と心配 2019年3月12日 / 19:11 / 4時間前更新 ビジネス [東…

Ghosn,Gone with the Money(75)

そしてその覚書の8項目には、わざわざルノー会長は日産の会長職・取締役会の議長ではなくて、副議長でよい、と明記している。これこそルノーの深謀遠慮なのではないのか、と小生には感じられる。何と言っても、アライアンスボードの議長はルノーが執ってい…

Ghosn,Gone with the Money(74)

まあルノー・日産連合のルノー側の究極の目標は、日産の子会社化即ち経営統合なのであるが、今のところは、ゴーンに過度に権限が集中していたことによる弊害を除去するために、3社の4人による合議制にするための組織を作ったようだが、 と言うのは聞こえは…

Ghosn,Gone with the Money(73)

結局裁判所は、出席を許さなかった。当然である。いくら「圧力を掛けに行くのではない」とは言え、無罪を勝ち取りたいがために、圧力を掛けに行くに決まっている。そして味方につけたい人物を物色することでしょう。だがそれも不可能だ。 ゴーン元会長の日産…

Ghosn,Gone with the Money(72)

しっかり読めばその内容の違いは理解できるのであるが、「東洋経済」ともあるものが、届け出た条件だけの羅列で済ませるとは如何なものかと思われる。どうせなら地裁の決定内容で報道すべきなのでしょう。実際にゴーンは日中あちこちに出没しているようなの…

Ghosn,Gone with the Money(71)

ちなみにカルロス・ゴーンは、1954.3.9にレバノン人の両親からブラジルで生まれている。従って上記の記事の64才という年齢は、2019.3.7時点の記事なので64才としているが、現時点では誕生日が過ぎているので、65才になっているので念のため。 さてゴーンとし…

Ghosn,Gone with the Money(70)

もう一度言う。 監視カメラで出入りがチェックされており、携帯電話やパソコンの使用もそれなりに制限されてはいるが、外出中には裁判所などの監視の目が届いていない。だから他人からスマホを借りて使用すれば、どこにでも連絡が出来てしまう。だからサウジ…

Ghosn,Gone with the Money(69)

(1) 東京都内の所定の場所に居住すること。 (2) 出入り口には監視カメラを設置。 (3) 海外渡航の禁止。パスポートは弁護人が監理。 (4) 事件関係者との接触を禁止する。 (5) G.ケリーや日産の関係者などとの接触を禁止する。 (6) 1泊2日の旅行は可能、3日…

Ghosn,Gone with the Money(68)

理想を言えば、小沢一郎も安部英も悪いことは悪いと正しく認定されて、正しく罰を受けることが必要だった、と言うのが小生の思いである。それを優秀な弁護士が、(悪いことをしたと言う事を)悪いことはしていないと条文ゲームを遂行してひっくり返してしま…

Ghosn,Gone with the Money(67)

刑事裁判を考える:高野隆@ブログ Profile 前の記事│このブログのトップへ 高野隆 2019年03月08日 昨日の騒動について カルロス・ゴーン氏の釈放に際して行われた「変装劇」はすべて私が計画して実行したものです。依頼人を理不尽な身柄拘束から解放し、正…

Ghosn,Gone with the Money(66)

更にはこんな変装をすれば、いつか機会を狙って変装して逃亡を企てるかもしれない、と検察側も構える必要があろう。 ゴーン被告「変装」作戦に「無実なら堂々と」の声 2019.3.7 20:00 社会 事件・疑惑 カルロス・ゴーン被告(64)が6日に保釈された際、手…

Ghosn,Gone with the Money(65)

(ゴーンが保釈されたので、このブログを暫く続けることにする。) さてこうも早くゴーンが保釈されるとは、思ってもいなかった。 2019年2月6日の16時半頃、ゴーンは東京拘置所から出てきた。 その姿かたちは、実に奇妙な出で立ちであった。 作業服に作業帽…

Ghosn,Gone with the Money(64)

いくらスナールの猫なで声の効果があっても、フランス側の言い分だけが通る様ではこの話はまとまらない筈だ。 さてもう一つ、ゴーンと検察との戦いの行方も気がかりである。 大鶴弁護士から「無罪請負人」と言われる弘中弁護士に変わったことでもあり、どの…

Ghosn,Gone with the Money(63)

先ずは「ガバナンス改善特別委員会」が取締役会の議長は社外取締役にすべきだと提案するようだが、更に進んでその取締役の過半数は社外取締役とすべきだ、とも提案すると言う。 こんな形でルノーの矛先をそらしてゆく様だが、どうなることやら。 日産、社外…

Ghosn,Gone with the Money(62)

と言う事は、日産は丁度良い縋(すが)りつきたい「わら」だと思っているのではないのかな。 だからマクロンは、日産を絶対に離さない筈だ。日産も相当苦戦することになる。ここは踏ん張りきるしかない。 マクロンやルノーがこのような態度に終始すれば、ア…

Ghosn,Gone with the Money(61)

多分にマクロンは、自分が置かれている現在の政治情勢に相当神経を尖らせているのではないのかな。だから起死回生の挽回を図る意味で、日産を我が物にしたいと固く思っているのだ。きっとマクロンは、日産をフランスの植民地か何かと思っているのではないの…

Ghosn,Gone with the Money(60)

自動車産業は日本の基幹産業である。今後日本政府がどのように介入してゆくのか、見ものである。間違ってもらいたくないものである。 日産、経産省に介入要請=ルノーとの統合阻止で-米紙 2019年02月16日11時25分 【ニューヨーク時事】米紙ウォール・ストリ…

Ghosn,Gone with the Money(59)

一寸わき道にそれたが、本題に戻ろう。本題とはルノー・日産の連合としての機能正常化である。 経営統合を目指したマクロンとルノーの強引なやり方に、日産が背を向け始めたことに危機感を募らせたルノーとマクロンが、ジャンドミニク・スナールを使って日産…

Ghosn,Gone with the Money(58)

INSIDE STORY 日産で始まった「ゴーン・チ ルドレン」外し 日産虚偽記載問題取材班 2019年1月16日 1月11日に追起訴された日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告。同氏に近いとされる日産の外国人幹部が相次ぎ業務から外されている。「ゴーン・チルドレン粛…

Ghosn,Gone with the Money(57)

次世代車開発で置いてかれてしまっては、いくら株式を沢山保有しているからと言っても、生きてゆくことはできない。そのためにも「後戻りできない」関係に、ルノーは日産を落とし込めたいのだ。 2017年度 日産 ルノー 研究開発費は 5000億円 2200億円 税引き…