Ghosn,Gone with the Money(5)

仏ルノー、排ガス不正で検察が捜査開始 株価下落 Business | 2017年 01月 14日 01:58 JST 関連トピックス: ビジネス, トップニュース 1月13日、仏パリの検察当局が、自動車大手ルノーの排ガス不正疑惑について捜査を開始したことが分かった。ニースのディ…

Ghosn,Gone with the Money(4)

ただ、こうも排ガスに関する不正が続くようでは、そうも言ってはいられない。どこか欠けているところもあるのではないのかな、だからゴーンにしてやられるのである。 日産、排ガス測定値改ざん 国内5工場で1171台 2018/7/9 17:34 日本経済新聞 電子版 日産…

Ghosn,Gone with the Money(3)

当然日産自動車の社員たちは、動揺したことでしょう。それとも予期していたことだったのかな。 カリスマ逮捕、日産社員動揺 「いったい何が…」 2018/11/19 22:10 日本経済新聞 電子版 「ただ驚いている」。日産自動車をV字回復させたカリスマ経営者、カルロ…

まあそれにしても、とプライベート・ジェットが羽田についてから(11月19日 16:35)、逮捕されるまで(19:32)おおよそ3時間がかかっている。まあ当然と言えば同然であるが、ゴーンとしても、逮捕容疑は何であるか、根掘り葉掘り確認したりして駄々をこねて…

Ghosn,Gone with the Money

ゴーン、金と共に去りぬだ。 あー、びっくり (吃驚)した、・・・・・と言う訳でもないが、ルノーと日産と三菱自動車の取締役会長を務めるCarlos Ghosnカルロス・ゴーンが、東京地検特捜部に逮捕された。 それもプライベートジェット機で羽田空港に到着した…

邪馬台国とはなんぞや?(72)

512年には百済からの要請で、任那の4県を百済に割譲したため、新羅が弱体化した任那を取り込もうと動き出したために、527年継体天皇は6万の兵を派遣することになり、筑紫に向かわせた。 しかし筑紫の国造の磐井が、新羅の根回しで反乱を起こし大和の船を悉…

邪馬台国とはなんぞや?(71)

だから百済の地には、沢山の前方後円墳があるのである。 しかし、新羅にもそれなりの多くの前方後円墳が存在している。新羅も日本の臣民となっていたからには、それもおかしくないことであろう。 それにもまして、新羅の王が日本人であったことの方が、その…

邪馬台国とはなんぞや?(70)

即ち朝鮮半島の北部には中国の植民地・帯方郡があり、南端には倭国の領土がある。韓はその間の四千里四方の国である、と言っているのである。この四千里と言うのは、「露布」の原理で十倍に誇張されていたものであるので、実際は四百里という事である(当ブ…

邪馬台国とはなんぞや?(69)

さて朝鮮半島に、日本の前方後円墳がたくさんあることをご存知だろうか。 A別冊宝島2283 とB先の書の281頁に、朝鮮半島に存在している前方後円墳の位置を示した地図が載せられている。 それによると、 栄山江(よんさんがん)付近 -半島の西北の角の辺り、…

邪馬台国とはなんぞや?(68)

もう一つ指摘しておきたいことがある。 それは魏志倭人伝が朝鮮、特に馬韓国ではどのように教えられているか、と言う事である。 それは、別冊宝島2283、2015.2.13第一刷り発行の「日朝古代史・嘘の起源(監修室谷克実氏)」に、書かれていた。それを紹介しよ…

邪馬台国とはなんぞや?(67)

ちなみに「三韓征伐」と言われる所以は、新羅がすぐに降伏したので、残りの高句麗と百済も相次いで日本の支配下にはいることになったことから、そう呼ばれている、とはWikipediaにも記載されていることである。しかし実際に戦闘があった相手は新羅だけだった…

邪馬台国とはなんぞや?(66)

日本書記の神功皇后の条に書かれていることを、簡単に箇条書きにしてみよう。 (先の書265頁、および、神功皇后の摂政(2)百済・新羅外交、http://www.kunakoku.info/sub-07/sub-07-02.html#text-top、を引用。) (1)摂政五年、 新羅王から朝貢。新羅王は…

邪馬台国とはなんぞや?(65)

次に進む前にもう一つ鉄剣の話を追加しておく。 また、熊本県和水町(なごみまち)の江田船山古墳からも、稲荷山古墳出土の剣と同時期に作られたと考えられている銀象嵌銘文75文字が刻まれた大刀が出土している。 そこには次のような文が刻まれていると言う…

邪馬台国とはなんぞや?(64)

先の書の252頁の訳文を次に記す。 表 「辛亥年七月中記す、私こと乎獲居臣おわけのおみの上祖の名は意富比垝 おおひこ であり、その児の名はカタリノ宿禰、その児の名はテカヨリ別、その児の名はタカハシ別、その児の名はタサキ別、その児の名はハヒテ」 裏 …

邪馬台国とはなんぞや?(63)

以後次のようにご皇室(天皇)の系図は続いてゆく。 ()内は先の書によるが、即位年~崩御年を示し、即位年は原則前帝の崩御年の翌年とする。 1. 神武天皇(BC70~BC33) 2. 綏靖天皇(BC32~BC15) 3. 安寧天皇(BC14~BC1) 4. 懿徳天皇(AD1~AD17) 5. 孝昭…

邪馬台国とはなんぞや?(62)

先の2018.10.17のNO.47でお示しした系図を次に示す。 色々な系図が言われているが、日本書記によれば、綏靖天皇は、大物主系の事代主の娘で媛蹈鞴五十鈴媛の妹の五十鈴依媛を正妃に迎えたことになる。 このことにより綏靖天皇は、大神神社の神の子と摂津の製…

邪馬台国とはなんぞや?(60)

さてここで今一度、日本では、鉄がいつから使われ出したのか、おさらいをしてみよう。 ご承知の通り、日本は酸性土壌のために大方の鉄製品は腐ってしまい、なかなか出土しない。 その中でも鉄が発掘された遺跡の、次のような表を作成してみた。いい加減なと…

邪馬台国とはなんぞや?(59)

第十二代景行天皇の時代には、「熊襲が背いて貢物を奉らなかった。天皇は筑紫に向かわれた」と日本書記に記されている、と先の書の260頁書かれているが、それまでは大和朝廷へは貢物を奉っていたと言う事であろう。それまでとは、第十一代垂仁天皇の御代であ…

邪馬台国とはなんぞや?(58)

なお、2018.10.15のNO.45で神武天皇の年表を実年で記しておいたが、それを次に示す。 1.BC96年、宮崎県高原町狭野でご誕生、狭野命(さぬのみこと)と呼ばれる。 2. BC82年、7.5才で皇太子、狭野命は16才の頃阿多の吾平津媛と結婚、タギシミミ命とキスミミ命…

邪馬台国とはなんぞや?(57)

その前に邇邇芸命が天孫降臨を次のように記して(2018.10.01,NO.35)、韓国はKoreaの韓国ではない、と記した。 『かれここに天の日子番ひこほの邇邇芸ににぎの命、天の岩位いわくらを離れ、天の八重多那雲を押し分けて、稜威いつの道ち別わき道別きて、天の…

邪馬台国とはなんぞや?(56)

Wikipediaには天孫降臨については、次のように記している。 天孫邇邇藝命の誕生[編集] 天照大御神と高木神(高御産巣日神)は、天照大御神の子である正勝吾勝勝速日天忍穂耳命に、「葦原中国平定が終わったので、以前に委任した通りに、天降って葦原中国を治…

邪馬台国とはなんぞや?(55)

ここに大己貴大神(おおなむちのおおかみ)の名が出ているが、これが大物主神の別の名であるとされている。 更に饒速日命(にぎはやひのみこと)の名前も見られるが、饒速日命とは大己貴神の祖先神の名前のようである。 と言うのも天孫が降臨する前に、天照…

邪馬台国とはなんぞや?(54)

さて、狭野の命と呼ばれていた神武天皇は、BC74年、23才の時、東征を決意したとされるが、小生には何故「東征を決意」したのか、その理由がよくわからない。日本を統べると言う事がそれほど大事なことと考えていたのであれば、相当偉大な人物であったのであ…

邪馬台国とはなんぞや?(53)

西暦 年前 時代 区分 日 本 列 島・内 容 BC48,000~ -50000 旧 石 器 時 代 人が住み始める BC28,000~ -30000 本格的に人が住む BC23,000~ -25000 大型獣の狩猟 BC18,000~ -20000 最寒冷期、細石器文化、大陸と分離始まる。 BC16,000~ -18000 温暖化・海面上…

邪馬台国とはなんぞや?(52)

高知県の四万十川上流の窪川町の高岡神社には五本の広鋒銅矛があり、それを担いで村々を回る祭があるとのこと。これも葦の玉葉が生い茂りその根元には鈴なりの褐鉄鉱のスズが沢山実ることを願って行われた祭であったのであろう、と先の書には紹介されている…

邪馬台国とはなんぞや?(51)

先の書(長浜浩明氏の「古代日本『謎』の時代を解き明かす」(展転社))の175頁に戻ると、そこには次のように記されている。 「豊葦原の瑞穂の国」とは(広辞苑第三版には)「日本国の美称」で、「三種の神器が地上を巡ることで豊葦原が出来上がり、その葉…

邪馬台国とはなんぞや?(50)

先に載せたこの表現・「手に鐸サナギ着けたる矛を持ちて、・・・巧みに俳優ワザオキを成し、相ともに歌い舞わしむ」は、矛と鐸が同時に使われていることから、いわゆる銅鐸文化圏・銅矛文化圏なる区分けは、間違ったものであると言える。矛も鐸も同時に使われてい…

邪馬台国とはなんぞや?(49)

また天照大御神がお隠れになったと言う『天の岩戸』の話にも、鉄の話が出てきています。 真の国益を実現するブログ 【古事記】第十六回 天の岩屋戸 2014-12-26 18:17:27テーマ:古事記 是を以ちて八百万(やおよろず)の神、天安(あめのやす)の河原に神集…

邪馬台国とはなんぞや?(48)

ここでは「タタラ製法」について、勉強してみよう。 Wikipediaによれば、次の通りである。(https://ja.wikipedia.org/wiki/たたら製鉄) 1.古代では、自然風によって木炭の燃焼が行われたため、炉は斜面に作られていた。 2.風上に炉口、炉の床は木炭粉と石…

邪馬台国とはなんぞや?(47)

さて、製鉄に関係してると言われている姫蹈鞴五十鈴媛に話に戻ろう。 姫蹈鞴五十鈴媛命は、蹈鞴(たたら)とあるように蹈鞴製法で鉄を作っていた豪族の娘なのであろう。この家は代々製鉄に関わっている家系である。五十鈴媛命の母方は、三島の溝橛(みぞくい…