読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・次世代エコカー・本命は?(43)

これではまとまる話もまとまる筈がない。その真相はこうだ。

 

 

 

2分でわかる「これがVWとスズキ提携解消の真相!」まとめ

2011/09/15 09:03 by Avanti Yasunori

 

スズキが今回、VWに対して200912月に締結した資本業務提携の解消を申し入れた事で、今後のVW側の動きが注目されますが、今一度それまでの経緯を整理してみましょう。

【当初の提携目的】
VW:インドなど新興国向けの低価格小型車の開発ノウハウを得る。
・スズキ:VWが持つHV車やEV車の環境技術の提供を得る。
新興国向けの低価格小型車をVWに供給する。

の筈でしたが、提携後 19ヶ月が経過してみると事態が変化。

【スズキ側の見解】
VWの申し入れを受けて、互いに独立したイコールパートナーである事を条件に契約を締結したが、19.89%のマイナーな出資比率ではVWからまともな技術的支援を受ける事が困難である事が判った。

・提携の具体化に向けて交渉を続ける中で、スズキがVWのエンジンを採用した場合、スズキの生産の1割を占める他社へのOEM供給ができなくなるなど様々な制約がある事が判った。

・軽市場やアジア市場で競争力を維持していく為には経営判断における 『自主独立』が不可欠だが、VWが最近になって 『財務的、経営方針上、重大な影響を与える事が できる会社』 としてスズキを位置付け、それを公表。スズキの自主的な経営判断にマイナスの影響が出る事が懸念される状況になって来た。


VW側の見解】
・業務提携以降、予想以上に具体的な進展が無い
・スズキが提携後、フィアットからのディーゼルエンジン供給に合意した事は契約違反であり、その行為に対し、数週間の改善期間をスズキに与えた。遺憾に思っているが、必要なら状況について協議する用意が有り、提携解消を意図している訳では無い。 スズキの対応を見た後、次の段階について協議する予定だった。 スズキは「依然として魅力的な投資先」。

と言った具合で、何やら当初から妙な業務提携とは思っていましたが、どうやらVW側の狙いもっと奥深い所に有ったのではないかと思われます。

つまり、ゆくゆくはスズキを自社傘下に収めて、悲願の販売台数世界一を目標である2018年を待たずに早期に達成してしまいたい、それも昨年まで世界一だった競合相手のトヨタ震災の影響から完全復活する前に・・・との思いが見え隠れします。

現にVWが契約内容に反して唐突にスズキを自社傘下如くの扱いに出たのが震災発生直後の5。あくまで推論ですが、トップスリーの熾烈な世界販売情勢を見れば、それが絵空事では無い事に気付きます。ひと目で最新の世界販売の状況が判るグラフを作ってみたので御覧下さい。

f:id:altairposeidon:20160531201447j:plain

つまりVWにとって、正に今年が、最速で世界一番になれる、またと無い「チャンス」となった訳です。「先見性」に優れている事で有名な鈴木会長ですが、提携時点の2009年には流石に現在の状況までは予測していなかったのでしょう。

VW側もスズキがいきなり提携解消技に出るとは「想定外」だった感も。焦ったVWはスズキとの提携解消を否定しているようです。しかし、その壮大な野望もスズキの反発で叶わぬ夢と化そうとしている・・・ そんなところではないのでしょうか。

鈴木会長はVWの世界販売台数No.1奪取の為に自社が利用されるなど、まっぴら御免との思いが頭をよぎったのかしれません。コトワザで『急いては事を仕損じる』と言いますが、やはり目標達成にはVWは正しいステップを踏むべきでしょう

こちらも併せてお読み下さい。 http://clicccar.com/2011/06/23/35723

Avanti Yasunori

http://clicccar.com/2011/09/15/60918/

 

 

スズキとVWの提携の契約書の内容がどんなものかは知らないが、契約時には「対等な関係」と言う条件で包括提携を結んだことは確かな事であろう。しかしそのことがしっかりと条文として具体化されていたものかどうかは、疑問が残るところである。だから契約内容の確認が、スズキとしては、疎かにされてしまったのではないのかな。「ハート・ツー・ハート」などと言う情緒的な感情を契約の場に持ち込んだ(かどうかは知らないが)ことが間違いの基であった、と思われる。スズキの事務方もこの鈴木修のこの「ハート・ツー・ハート」感情に押されて、契約内容の詰めを怠ってしまったのではないのかな。

(続く)