読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・次世代エコカー・本命は?(53)

 

トヨタマツダの業務提携の内容は、検討委員会を作って「互いの強みを活かせる具体的な業務提携の内容の合意を目指していきます。」と言っているように、何をするかと言った具体的なテーマは公表されていないので、検討委員会の検討結果を待たざるを得ない。

と言う事は、これと言ったテーマなしに提携を進めると言う事。これも豊田章男社長のパッションから出た提携話だったのであろう。

似たようなことは過去にもあった。あのテスラとの提携、それに米国人女性常務役員ジュリー・ハンプ氏の登用である。その何れもは成果を上げることはなかった。マツダとの提携はどうなるものか。



スズキとの提携交渉も当分は深く静かに潜航していることであろう。そのうちに、あっと言った内容が公表されるかも知れないが、鈴木修会長の言動からすると、今度はかなり具体的な内容となって公表されるのではないのかな、と小生は踏んでいる。

一つは(小生の感じていることであるが)、高性能な小型電気自動車などをスズキに作らせることもあるのではないのかな。バッテリーはトヨタが支給して、あとはスズキに作らせると言ったこともあり、なのではないのかな。何といってもトヨタの弱点は、近中距離から中距離用の環境車がないことだ。具体的に言うと、EVPHVを指すが、PH(E)Vは今度の新型プリウスでかなりのバッテリー性能のものを発売するとしているので、残るはPureEVを何時どんな性能で発売するかだけとなる。

 

そこら辺を踏まえて、場合によっては子会社化したDHダイハツ)とスズキとの連携で、近・中距離用のEVの開発を担当させると言ったことも考えられる、のではないのかな。そしてトヨタ本体では欲張って中距離用のEVを、リーフ対策として開発していると言う事も考えられる。

 

次に参考までに、20163月のNYモーターショーに出展されたプリウスPHVの記事を載せておこう。

 

 

トヨタ、フルモデルチェンジ予定のプリウスPHVNY国際オートショーに出展

By  Ouki Chiba RSS feed

201603241600

TOYOTA PRIUS PRIME
トヨタは、2016年秋から導入を予定している新型プリウスPHV(米国名「プリウス プライム」)を323日~43日に開催される2016年ニューヨーク国際オートショーで発表した。

TOYOTA PRIUS PRIME
プリウスPHV20121、電気利用車の早期本格普及を目指し、EVモードとHVモードが切り替わることで電池残量などを気にせず安心して乗ることができる、普及に適した電気利用車として量販を開始。現在までに日本、米国、欧州を中心に、計約75千台を販売している。

Related Gallery:TOYOTA PRIUS PRIME

TOYOTA PRIUS PRIMETOYOTA PRIUS PRIMETOYOTA PRIUS PRIMETOYOTA PRIUS PRIMETOYOTA PRIUS PRIMETOYOTA PRIUS PRIMETOYOTA PRIUS PRIMETOYOTA PRIUS PRIME



TOYOTA PRIUS PRIMETOYOTA PRIUS PRIME
 プリウスPHVは、外観においては4代目プリウスをベースとしながら、より先進的でエモーショナルな造形を目指し、フロント、リヤにオリジナルデザインを採用。トヨタ初となるCFRPバックドアによって、軽量化とガラスエリア拡大による良好な後方視認性を実現、新形状ガラス「ダブルバブルバックドアウインドウ」を採用し、個性ある造形とした。

TOYOTA PRIUS PRIME
また、プラグインハイブリッドシステムは、電池容量を拡大、EV走行距離を60km以上に延長。さらに、従来の走行用モーターに加え、これまで発電機としてのみ使用していたモーターを走行用としても利用する、デュアルモータードライブシステムを採用することで、EVモード走行時の一層力強い走りを実現している。

TOYOTA PRIUS PRIME TOYOTA PRIUS PRIME
装備においては、世界初のガスインジェクション機能付ヒートポンプオートエアコンや、11.6インチ大型ディスプレイを備えたナビゲーションシステムを採用し、運転中の快適性や利便性を追求。

TOYOTA PRIUS PRIME TOYOTA PRIUS PRIME
プラグインハイブリッド独自の充電システムは、従来の家庭用電源からの充電に加え、充電ステーションでの急速充電にも対応(日本仕様のみ)。さらに、ソーラーパネルで発電した電気を駆動用バッテリーに充電する、世界初のソーラー充電システムを備え、より利便性を高めている(日本、欧州仕様のみ)

米国仕様 主要諸元(社内測定値) 4,540 / 1,760 / 1,470(新型プリウス

 全長(mm/ 全幅(mm/ 全高(mm

  4,645 / 1,760 / 1,470

 ホイールベースmm

  2,700

 室内長(mm/ 室内幅(mm/ 室内高(mm

  2,110 / 1,490 / 1,195

エンジン

 種類

  直4DOHC

総排気量

cc

  1,797

最高出力

kW[PS]/rpm

  72[98] / 5,200

最大トルク

Nm[kgfm]/rpm

  142[14.5] / 3,600

モーター

最高出力

kW[PS]

  ①53[72]/②23[31]

最大トルク

Nm[kgfm]

  ①163[16.6]/②40[4.1]

 バッテリー

  リチウムイオン



トヨタ自動車 公式サイト
http://toyota.jp

http://jp.autoblog.com/2016/03/24/prius-phv-ny/

(続く)