読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

共産主義(者・党)は日本を滅ぼす(5)

 

その後「尾崎秀実(ほつみ)」は、1934(S9)10月に東京朝日に移り、1936年に中国問題の専門家として太平洋問題調査会に参加する。1938(S13)7に東京朝日を退社して、第1次近衛内閣の嘱託となり19391月の内閣総辞職までその職に留まる。尾崎は嘱託となると同時に近衛主宰の政治勉強会「朝飯会」のメンバーとなりこの関係は第3次近衛内閣の1941(S10)8まで3年間も続いた。その間尾崎は、中国の各事変に対して不拡大方針を堅持する政府に対して、事あるごとに拡大させよと強力に主張し、和平工作に反対している。

 

尾崎は自分を「完全な共産主義者」であると認め、その最終目的は「全世界での共産主義革命を遂行する」ことであり、逮捕後の取調べでは「世界共産主義革命遂行上のもっとも重要な柱であるソ連日本帝国主義から守ることである」と、供述していると言う。そのため日本が蒋介石などと和平を結ばれ安定してもらっては(ソ連にとっても、中国共産党にとっても)困ることになるので、盛んに中国での戦争拡大近衛内閣に吹き込んでいたのである。ゾルゲも尾崎も当然だか、その後死刑に処せられている。

 

このように中国内でも日本国内でもコミンテルンの手先が暗躍していたのであり、この第2次上海事変も国民党内に巣食っていた実質共産党員である「張治中」によって引き起こされたものであった。

 

嘗ては黄埔(ホ)軍官学校の教官をしていたことがある。この士官学校ソ連が資金と人材を提供して設立したものであり、その中からソ連は高い地位のスパイ育成を目論んでいた。校長は蒋介石であったが、そこには政治局員として周恩来がいた。「張治中」は周恩来中国共産党への入党を依頼したが、周からは国民党内に留まり「ひそかに」中国共産党合作するよう求められたと言う。回想録にそのように記述されているとWikipediaに書かれている。

 

ソ連コミンテルンの策略は、用意周到で緻密なものであった。

 

19361211~12に起こった「西安事件」こそ忘れてはならない。当時共産軍は蒋介石に攻められて戦力は1/3に減っていた。そのため蒋介石はここぞとばかりに殲滅を図るべく193610月に、蒋介石軍の司令官であった張学良西安軍閥楊虎城に、共産軍根拠地(多分延安)への総攻撃を命じた。しかし2人とも共産軍と通じていたために、なかなか攻撃を開始しなかった。そのため蒋介石は督戦のため、1936124日に西安を訪れた。しかし蒋介石1211日夜から12日朝にかけて、張学良と楊虎城に攻められて、12日早朝名所旧跡の華清池のホテル裏山に逃れたところを捕えられてしまった。

 

捕えられた蒋介石は、スターリンからの「蒋を殺すな」の電報で、生き永らえた。ソ連にすれば、蒋介石を生かしておいて日本と戦わせれば、対ソ戦を回避できるし、ソ連対日戦も有利になると考えていた。そして周恩来葉剣英などが乗り込んできて、どんな手を使ったかは定かではないが、共産党掃滅を辞めさせることを約束させた。Wikipediaにはソ連に留学中の彼の息子の蒋経国を人質にとり、彼の帰国と引き替えに抗日戦に引き込んだとも書かれているが、これも理由の一つにはなるがこれだけではなかろう。

 

結局蒋介石は生き延びて、周恩来らと「共産党討伐の中止」と「一致抗日」を約束させられたのだ。実際、この事件によって蒋介石共産党への攻撃をやめ、「第2次国共合作」が成立する。そして国民党内では親日派が後退し、・・・代わって親ソ派が台頭した。・・・ここに至って蒋介石ははっきりと日本を敵と定めたのだ。]と黄文雄の「日中戦争は侵略ではなかった」には記載されている。またWikipediaには、台湾に渡った中国の学者・胡適は「西安事件がなければ共産党は程なく消滅していたであろう。・・・西安事変が我々の国に与えた損失は取り返しがつかないものだった」と言っていると記載されている。それほど衝撃的な事件であった。まあ、命令をきかない司令官には、何らかの(反乱の)事情があるかも知れない、と考えることも大事なことであろう。そう気が付けば蒋介石ものこのこと西安なんぞには行かなかったであろう。

 

そして日本の尾崎秀実ソ連と通じていたため、この顛末も正確に予測できた。そのため近衛文麿に認められ、彼の勉強会にもぐりこむことが出来たのである。そして日本の情報はソ連に筒抜けとなり、対支政策がことごとく裏目と成り、日中戦争に引きずり込まれて行くこととなる。近衛文麿とその取り巻きたちは、なぜ尾崎がこれほどまでに正確に予測できたのか、と疑問には思わなかったのか。これなどは第一級の反省材料であろう。

 

 

盧溝橋事件や大山勇夫中尉達が虐殺された1937には、張治中は「南京上海防衛隊司令」であり、ソ連大使館と緊密な連絡を取っていた。そして上海で日本軍に先制攻撃をするよう盛んに蒋介石具申していた。しかし蒋介石は頑としてその意見には賛成せず退けていた。

 

その理由は、19321に中国19路軍が日本警備隊へ先制攻撃を掛け、33まで続いた第1次上海事変での列強の反中国姿勢にあった。蒋介石は列強の介入を恐れていたのである。この間かの張治中は第5軍の長として、2/16からこの作戦に参加していた。第1次上海事変は、上海派遣軍を編成した日本軍が3119路軍の背後に上陸したため中国軍が退却している。そして55日の上海停戦協定で終結したのである。

 

この結果、中国軍は上海周辺に非武装地帯を設定させられ、この協定の実施を監視するため英米仏伊と上海市長からなる国際委員会まで作られてしまったのである。もちろん日本軍も撤退している。

 

 

しかしながら不拡大方針を堅持した日本は、中国軍を徹底的に叩かなかった。今思えば叩いておくべきであった。このように日本の中国に対する対応が軟弱だったために、日本弱し、と見た中国軍はその頃盛んに日本人水兵殺害日本居留民に対する略奪・虐殺事件が起こしたのであった。

 

 

 

まず第1に1927(S2)324蒋介石の北伐軍国民革命軍)が南京を占領し撤退する時に、日本、米国、英国の領事館や居留民の家屋を襲い、略奪・殺人を行っている。これを1927年の「南京事件」と言っている。このため米英は艦砲射撃で蒋介石軍に反撃したが、日本はそれには加わらなかった。当時の首相の幣原喜重郎は、「軟弱外交」であった。対中不干渉主義に徹し中国に対して責任追及などは一切しなかった。そのため国民党は、当時は反英であったが軟弱な日本の態度に反英から反日へとがらりと政策を変えたのである。そしてその反日を使って、国民革命軍のナショナリズムを高め意志統一を図っていったのである。

 

第2に、北上途中の国民革命軍は、192851日に北軍軍閥を駆逐して済南に入城した。済南には2,000名近くの日本人居留民が住んでいたが、南京事件を恐れて日本に出兵を依頼、日本は第六師団を済南派遣軍として邦人保護に当たらせていた。済南派遣軍は蒋介石から治安維持は中国軍が確保するから日本軍は撤去して欲しいとの要望があり、現地の警備司令官は独断で警備体制を解除した。すると1928(S3)53、一部の国民革命軍の兵士達は日本人商店を襲撃し、更に日本人家屋を襲撃し略奪、暴行、陵辱、虐殺を行った。これを「済南事件」と言う。Wikipediaによれば、被害人員は約400人、略奪被害戸数136戸、死者14(12,2日後に死亡2を含む。女2)、生活の根底を覆されたもの280で、日本人惨殺状況に関する外務省公電には、「腹部内臓全部露出せるもの、女の陰部に割り木を差し込みたるもの、顔面上部を切り落としたるもの、右耳を切り落とされ左頬より右後頭部に貫通突傷あり、全身腐乱しおれるもの各一、陰茎を切り落としたるもの二」とある。虐殺の仕方はまさに”中国式”で、酸鼻を極めた。これは蒋介石の、言ってみれば「略奪命令」により計画的に行われたものである。中国軍の無頼、残虐さ注意を払わなかった当時の済南派遣軍の幹部達の責任は、限りなく大きいと言わざるを得ない。余りにも甘すぎた

次の「済南事件の真実」(http://ww1.m78.com/sinojapanesewar/chinan%20question.html)も参照されると良い。

 

しかも中国側は済南事件を捏造して、日本側が虐殺したと言い触らしていると言う。

歴史共同研究 済南事件」(http://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/23988688.html)と

済南虐殺事件」(http://jjtaro.cocolog-nifty.com/nippon/2011/09/post-3a19.html)も参照されたい。

f:id:altairposeidon:20160702223919j:plain

済南事件photo

 

しかもこの「済南事件で殺された日本人の写真」が中国では、「731部隊の被害者」として中国の教科書に掲載されたり、「731部隊記念館」では蝋人形となって展示されている、と言う。

「マスコミがいえない韓国の話」(http://brain.exblog.jp/2809948

 

事ほど左様に中国と言う国は、信用ならざる国である。これは現在も変わりない。現在はなお性質(たち)が悪くなっている。

(続く)