読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本近代化の流れ(43)

すると、女の子は


「お父さん」と呼ぶのです。



多くの人たちは、言葉無く佇みます。



新聞記者までが、言葉を無くし一緒に涙を流したのです。




孤児院から出られるとき、子ども達が陛下の袖を持ち、
「またきてね、お父さん」と言います。

陛下は、流れる涙を隠そうともせず
「うん、うん」とうなずかれお別れになられます。

そして後に、一首の歌が届けられました。
「みほとけの教へまもりてすくすくと生い育つべき子らに幸あれ」
調住職はこの昭和天皇陛下のお言葉をみなに響き聞かせようと、この御製を寺の梵鐘に鋳込ませました。今でも因通寺に行くとこの梵鐘の響きが当たり一帯に響き渡るそうです。


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



洗心寮を出られたあと、長い坂の下でたくさんの人々が陛下を出迎えます。

陛下は遺族などと一人一人お話になり、進まれます。

その中に若い青年と思われる数十人が一団となり陛下をお待ちしていました。
シベリア抑留の時に徹底的に洗脳され、共産主義国家樹立の為に共産党に入党した者達でありました。

すごい形相でむしろ旗を立てて待ち構えていたのです。

恐れていた事が起こる気配です。

周りの者が陛下をお守りしなければと駆けつける前に陛下は、
その者達とお話になられます。

陛下はその者達に深々と頭を下げられます。


「長い間、遠い外国でいろいろ苦労して深く苦しんで大変であっただろうと思うとき私の胸は痛むだけではなくこのような戦争があったことに対し、深く苦しみを共にするものであります。」

「皆さんは、外国においていろいろと築き上げたものを全部失ってしまったことであるが、日本という国がある限り、再び戦争のない平和な国として、新しい方向に進むことを、希望しています。皆さんと共に手を携えて、新しい道を築き上げたいと思います。」

非常に長いお言葉を述べられます。

陛下の、表情は自愛に溢れるものでした。

陛下は、彼らの企みをご存知ない。




陛下の前に、一人の引き揚げ者が、にじり寄ります。

天皇陛下さま、ありがとうございました。
今頂いたお言葉で、私の胸の中は、晴れました。

引き揚げてきたときは、着の身着のままでした。
外地で、相当の財をなし、相当の生活をしておったのに、戦争に負けて帰ってみれば、まるで丸裸。最低の生活に落ち込んだのです。

ああ、戦争さえなかったら、こんなことにはならなかったと、思ったことも何度かありました。そして、天皇陛下さまを、恨みました。

しかし、苦しんでいるのは、私だけではなかったのです。

天皇陛下さまも、苦しんでいらっしゃることが、今、わかりました。
今日から、決して、世の中を呪いません。人を恨みません。
天皇陛下さまと一緒に、私も頑張ります。」

と言ます。



その時、むしろ旗を持ってすごい形相の男が

不意に地面に手をつき泣き伏しました。

「こんなはずじゃなかった。こんなはずじゃなかった。
 俺が間違っておった。俺が誤っておった。」

と号泣するのです。

その男の懐には短剣が忍ばせていたのです。



泣きじゃくる男に、他の者達も号泣します。


じっと、皆を見詰めて動こうとされない陛下。


陛下の、まなざしは深い慈愛に溢れ、お優しい目で見つめられます。


三谷侍従長が、ようやく陛下のおそばに来て促され


ようやく陛下は歩を進められたのです。



:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



陛下が涙を流された時、人々は知りました。

陛下も苦しまれ、悲しまれ、お一人ですべてお抱え込んでいらっしゃる事を。

陛下は、危険を顧みず全国を御巡幸され続けます。

そのお姿に、国民は「一丸となって、共に頑張ろう」と思うのでした。

戦後のめざましい復興のエネルギーはここから生まれたのです。




晩年、昭和天皇は病床で
「もう、駄目か」と言われます。

医師たちは、ご自分の命の事かと思いましたが、
実は「沖縄訪問はもうだめか」と問われたのである。


最後の最後まで、国民を御思いになられる陛下でした。


その昭和天皇の御心は、平成5年に今上陛下によって果たされます。


今上陛下は、歴代天皇初の沖縄ご訪問をなさいました。

その時、原稿なしで遺族を前に5分間にわたって、御心のこもったお言葉で語りかけられました。


そのお言葉に、険しい表情であった遺族も
「長い間ご苦労様でした、というお言葉をもらったので満足しています。
お言葉には戦没者へのいたわりが感じられました。
陛下のお言葉でまた一生懸命やろうという気持ちが湧いてきました。」

「なぜか泣けて言葉にならなかった。沖縄のことを愛しているのだろうという気持ちがこみ上げてきた」




:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


こうして昭和天皇が昭和21年2月から始められた御巡幸は

45年もの月日を経て一区切りがついたのです。

http://ameblo.jp/hoshusaisei/entry-10857487913.html

 

 

(15) さて、調寛雅しらべかんがの『天皇さまが泣いてござった』の中に、通州事件の目撃者の、驚くべき証言が載っているのです。

(続く)