読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本近代化の流れ(85)

12) プーチン来日するも、ロシアには気を許すな!

 

終戦直前日本は、ソ連を通じて対米交渉の糸口を得るべく希望を託したが、見事に裏切られている。日本は、ソ連による突然の不可侵条約破棄満州北方領土への侵攻を許してしまったのであった。

 

そんなロシアであるが現在はクリミア問題で、世界から経済制裁を受けて四苦八苦である。

 

話は飛ぶが、昨年末の2016.12.15~16と大統領のプーチンが、来日している。そして日本からの経済協力を得たことから、経済制裁に風穴があいたと評価しているという見方も出ている。

 

 

制裁網に風穴=プーチン大統領訪日を評価-ロシア有力議員

2016/12/17-05:57

 【モスクワ時事】タス通信によると、ロシアのスルツキー下院外交委員長(極右・自由民主党)は16日、プーチン大統領の訪日で日ロが経済協力強化で合意したことについて「(ウクライナ危機をめぐる日米欧の対ロシア制裁網に風穴を開けたと見なすことができる」と評価した。

 スルツキー委員長は「米国の影響下、残念ながら日本も(制裁に)加わった」と指摘。こうした中で行われた日ロ首脳会談で「全面的な協力の発展に向け、全面的な協議が行われた。これはロシアの国際的孤立が米政権のつくった神話であることを証明した」と語った。

 スルツキー委員長は、両首脳が北方領土の共同経済活動に向けた協議開始で合意したことを「日ロ双方にとって大きな外交的勝利だ」と強調。ただ、「重要なのはロシアが北方領土の)帰属に関する自国の立場を改めて確認したことだ」と述べ、今後も領土問題での譲歩は困難との認識を示した。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016121700045&g=pol

 

 

プーチンの訪日を評価しているということは、今の経済制裁が相当効いているということではないのかな。ロシアには、まだまだ経済制裁を利かせる必要がある。ロシアは大国である。領土は余るほどある。昔のことであるが、何といってもあのアラスカを安い値段で、アメリカに売っているほどである。

 

そんな国が、日本の固有領土である北方四島を、第二次世界大戦のどさくさに紛れて、不法にも占領している。そんな大国が、こんな小さな北方四島に固執しているということは、(安全保障上の問題もあるが)ロシアの経済活動はそれほどうまくいっていないのではないのか、と思われる。

 

日本は、そのことを攻めるべきである。ロシア経済に寄与するようなことは、表立ってすることは控えるべきであろう。ロシアが困れば困るほどそのことが、日本に有利に働くとみるべきである。

 

共同経済活動も、ほどほどにやり過ごすことに越したことはない。平和条約なんぞは、そうそう早めに締結するものでもないよ、特にロシアとは。

 

満州や朝鮮で、ロシア人に虐殺された日本人家族や凌辱された日本人婦女子に申し訳ない、と言うものだ。

 

 

プレス向け声明

安倍晋三日本国総理大臣及びV.V.プーチンロシア連邦大統領は,2016年12月15日-16日長門市及び東京で行われた交渉において,択捉島国後島色丹島及び歯舞群島における日本とロシアによる共同経済活動に関する協議を開始することが,平和条約の締結に向けた重要な一歩になり得るということに関して,相互理解に達した。かかる協力は,両国間の関係の全般的な発展,信頼と協力の雰囲気の醸成,関係を質的に新たな水準に引き上げることに資するものである。

 

安倍晋三日本国総理大臣及びV.V.プーチンロシア連邦大統領は,関係省庁に,漁業,海面養殖,観光,医療,環境その他の分野を含み得る,上記1に言及された共同経済活動の条件,形態及び分野の調整の諸問題について協議を開始するよう指示する。

 

日露双方は,その協議において,経済的に意義のあるプロジェクトの形成に努める。調整された経済活動の分野に応じ,そのための国際約束の締結を含むその実施のための然るべき法的基盤の諸問題が検討される。

 

日露双方は,この声明及びこの声明に基づき達成される共同経済活動の調整に関するいかなる合意も,また共同経済活動の実施も,平和条約問題に関する日本国及びロシア連邦の立場を害するものではないことに立脚する。

 

両首脳は,上記の諸島における共同経済活動に関する交渉を進めることに合意し,また,平和条約問題を解決する自らの真摯な決意を表明した。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000212165.pdf

 

 

 

121516日にプーチン大統領訪日。会談内容は

北方4島での共同経済活動

交渉を開始することで合意

安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領は16日、2日間にわたる首脳会談を終え、60以上にわたる経済協力事業を進めることで合意した。一方で、日本が最重要課題に位置付ける領土問題に関連して一致したのは、4島における共同経済活動に向けた交渉の開始のみ

引用/ 日ロが共同経済活動へ交渉、領土問題は「困難な道」と安倍首相 ロイター

日ロ間のみに創設される「特別な制度」の下で行うことに

首相は会談後の記者会見で、共同経済活動に関し「特別な制度について交渉を開始することで合意した」と説明。領土問題については「解決にはまだまだ困難な道が続く」と認めた。プーチン氏は「共同経済活動を実現することで平和条約締結に向けた信頼が醸成される」と述べた。 

引用 北方四島で共同経済活動=日ロの法的立場害さず―安倍首相、プーチン氏と合意 / 時事通信

北方領土の帰属問題

領土問題自体は実質的な進展なし

4島の帰属問題では実質的な進展はなかったとみられる。活動の制度設計は今後の協議に委ねられるが、実現した場合でも、領土問題解決につながるかは不透明だ。

引用 北方四島で共同経済活動=日ロの法的立場害さず―安倍首相、プーチン氏と合意 / 時事通信

一方で、日本が最重要課題に位置付ける領土問題に関連して一致したのは、4島における共同経済活動に向けた交渉の開始のみ
まずは両国の信頼を醸成し、その上で領土問題の解決と平和条約の締結につなげようとするもので、ようやく出発点に立った格好だ。

引用 日ロ首脳、共同経済活動の交渉入りで合意 平和条約へ信頼醸成 / ロイター

安倍首相「まだまだ困難な道は続く」

画像 平和条約のない状態に終止符打つ決意を確認=日ロ会談で安倍首相 / ロイター

今回の会談の成果については「領土問題の解決にはまだまだ困難な道は続く。今回まずはしっかりした大きな一歩を踏み出すことができた」と位置づけた。

引用 平和条約のない状態に終止符打つ決意を確認=日ロ会談で安倍首相 / ロイター



・・・・・・・・・・

 

http://news.infoseek.co.jp/feature/vladimir_putin/

 

 

ロシアとしては、領土問題で譲歩することは、金輪際考えられない。たぶん信頼関係を醸成していても、それはない筈だ。ロシアは領土で譲歩することはない、安倍首相はプーチンに、ある意味誑(だぶら)かされているのであろう。

(続く)