読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続続・次世代エコカー・本命は?(25)

シボレーBOLT EV日産リーフ、テスラモデルSを比較する

2016/01/12 2016/11/18


シボレー_BOLT EV
シボレー BOLT EV Bolt_77484f7b s5nk

画像の出典: netcarshow.com

リーフやモデルSを越えた?

デトロイトモーターショー2016で、「シボレー・BOLT EV」が発表されました。

VOLT」という名前のレンジエクステンダーEVも同社のラインナップに存在しますが、今回発表された「BOLT EV」は完全なEVで、内燃機関は搭載されていません。つまりは日産リーフのライバルです。

そこで先ごろマイナーチェンジされた日産リーフとシボレー・BOLT EV、そしてテスラ・モデルSの、性能差や価格などを比較してみました。

 

目次 [hide]

航続距離の比較

まずはEVの泣き所、航続距離を比較してみましょう。

メーカー名

車名

バッテリー容量(kWh)

車重(kg)

航続距離(km)

日産

リーフ(30kWh)

30

1460

280(JC08)
→172km(EPA)

シボレー

BOLT EV

60

1625

320(EPA)

テスラ

モデルS P85

85

2108

426(EPA)

厄介なのが、航続距離の計測方法がそれぞれ異なることです。計測方法がもっとも厳しいのは米国EPA燃費で、航続距離はJC0860%程度となります。

モデルS P85kWhあたり航続距離は5.01km/kWhBOLT EVの場合は5.33km/kWhです。モデルSBOLT EVよりも30%重い車ですが、kWhあたりの航続距離はおよそ6%悪化しただけですEVの場合、車重が航続距離に与える影響が小さいようです。

以上のことを踏まえた上で、日産リーフEPA航続距離を推測してみましょう。リーフの車重はBOLT EVより10%軽いため、リーフのkWhあたりの航続距離はBOLT EVのそれよりも2%ほど良好であると考えられます。5.44kWh/kmですね。

よってリーフのEPA航続距離は163kmと推定されます。JC08モードの約58%という航続距離は、50プリウスEPA/JC08とほぼ同じ比率なので、当たらずといえども遠からずだと思います。

20161118日追記

リーフ・30kWhモデルの米国EPA燃費は172kmでした。

EVは重量増を気にせず電池をたくさん積むべきか?

上述のとおり、EVは車重増に対し航続距離の減少幅が小さいです。モーターはゼロ発進時のトルクが大きいためでしょう。つまり電池をたくさん積むテスラやシボレーのやり方は、基本的には正しいのです。

しかし電池をたくさん積むことで、コスト増という新たな問題が発生します。日産リーフのバッテリー容量が小さいのは、安価に供給することを最優先にした結果でしょう。



バッテリーメーカー(参考)

日産    NECAESCオートモーティブ・エナジー・サプライ(→最近売却を検討、LG化学製に切り替えか?)

シボレー  LG化学 Landscapeタイプ

テスラ   パナソニック18650

トヨタ    パナソニックプライムアースEVエナジー

ホンダ   GSYジーエス・ユアサコーポレーションブルーエナジー、パナソニックとも協業している。)

三菱     GSYジーエス・ユアサコーポレーションLEJリチウムエナジージャパン

 

日産_リーフ 30kWh日産 リーフ(30kWh) 日産リーフa8f14171

画像の出典: netcarshow.com

目次に戻る

動力性能の比較

メーカー名

車名

馬力(ps)

トルク(kg-m)

0-96km/h()

日産

リーフ(24kWh)

109

25.9

10.9

シボレー

BOLT EV

200

36.7

7.0以下

テスラ

モデルS P85

421

44.8

4.4

3台の中で最も重いモデルSが最速です。大容量のバッテリーを積めば強力なモーターを使えるので、加速性能でも有利なのでしょう。


テスラ_モデルS
EV
界のゼロヨンチャンプ、テスラモデルS モデルS8346061c

画像の出典: netcarshow.com

目次に戻る

価格の比較

メーカー名

車名

価格(万円)

kWh/価格(万円)

1馬力/価格(万円)

日産

リーフ(30kWh)

319.7~401.8

10.65~13.39

2.93~3.68

シボレー

BOLT EV

442.5

7.37

2.21

テスラ

モデルS P85

1018

11.97

2.41

1ドル=118円で計算

リーフとモデルSはコンセプトからして対極にあるような車ですが、kWhあたりの価格はほぼ同じです。

BOLT EVは性能もそこそこ良く、kWhあたりの価格が飛び抜けて安いので、かなりの競争力があると思われます。LG製の電池がかなり安価なのかもしれません。

BOLT EVは電気自動車の新たなベンチマーク

航続距離と性能に比して、BOLT EVは安価です。かといって車体を切り詰めて軽量化したりしているわけでもなく、室内は50プリウスと同等の広さを確保しています。

室内箇所

BOLT EV

50プリウス

前席ヘッドルーム

1009mm

1000mm

前席レッグルーム

1056mm

1097mm

後席ヘッドルーム

962mm

950mm

後席レッグルーム

927mm

848mm

荷室容量

478L

502L

BOLT EVは、電気自動車のコストパフォーマンスをワンランク上のレベルに引き上げたといえます。今後発売されるEVは、BOLT EVベンチマークにせざるを得ないでしょう。

目次に戻る

最後まで読んでいただきありがとうございます。以下の関連記事もぜひご覧ください。

 

http://syachiraku.com/archives/20160112/2994342.html

 

 

まあLGダンピングGMに電池を売り込んだようなので、早々にボロを出さないでもらいたいものだが、先の記事にもあるようにバッテリーの劣化が早そうなのでどんな評価となるのであろうか、心配ではある。

(続く)