長野での聖火リレー、「中国警備隊」を完全排除せよ。(8/8)

これで頭にきたIOCのロゲ会長は、4月11日夜の北京市内のホテルでの記者会

見の場で、次のように答えている。

道義上の約束を尊重するよう中国側に求める。チベット問題の解決を求め

たとも取れる発言に、これまで内に秘めてきた中国に対する不満と焦りがのぞ

く。」とMSN産経ニュースは伝えている。

更に続く、その1日前の10日の北京のホテルでの記者会見では、7年前の北京

五輪招致団が提示した公約を持ち出した。

五輪が来れば人権問題を含む社会問題は改善されるだろうと言ってい

た。主要な点は既に満たされているが、パーフェクトなものなどありえない。

改善の余地はある。」と自制した発言だったが、11日の発言はより直接的と

なっている。

これに対してあの中国外務省のキョウユ副報道局長は「発言は曲解されたもの

だ」との認識を示し、「IOCはさまざまな干渉を排除し、五輪憲章の原則を堅

持してほしい。」とIOCの”内政干渉”を牽制する発言をしている。また、中国紙

は権威あるロゲ会長の発言を黙殺している、と伝えている。

この「IOCはさまざまな干渉を排除し、五輪憲章の原則を堅持してほしい。

とのキョウユの発言はそのまま中国に返したい。

中国はさまざまなチベットに対する干渉を排除し、五輪憲章の原則を堅持

してほしい。」と。将に言いえて妙である。

もし本当に中国自身が「オリンピック憲章」を守っていると思っているのなら、何

をかいわんや、である。中国は、救いがたいほどの暴力的な国である。

五輪を開催する資格は全く無い

2.米下院議長、ナンシー・ペロシ

アメリカ下院議会のナンシー・ペロシ議長は、3月21日、インドでダライ・ラマ

14世と会談し、中国政府の行動を強く非難した上で、「中国政府の弾圧に声を

あげないなら、人権を語る資格を失う」と言っている。EU議会も「北京五輪の開

会式をボイコットしよう」と言っている。日本も強気で当たる必要がある。国宝で

ある長野・善光寺に落書きされても、黙っているつもりではないでしょうね、

福田さん。

また、ペロシ下院議長は9日、北京五輪聖火リレーが行われたサンフランシス

コで観光名所の金門橋に「チベットに自由を」との横断幕が7日掲げられたことに

ついて「実に興奮した」と議会内で記者団に語っている。さらに、ブッシュ大統領

には、五輪開会式を欠席するように、再度求める意向も示している。

3.福田さんへ

福田康夫さんよう。あんたも、もっともっと中国には強く言ってもいいんではない

かい。胡錦濤が今度日本に来るようだが、そのときが良いチャンスでは無いか

。はっきりと「北京五輪を成功させたければ、早く自国に帰って、人権のこと

を勉強して、人権を守る術(すべ)を執ったらどうだい」と。

4.五輪憲章を守れるか?

江沢民と中国政府が守ると言った「五輪憲章」を紐解いてみよう。

オリンピック憲章2001年版の根本原則の3

オリンピズムの目標は、人間の尊厳を保つことに重きを置く平和な社会の確

を奨励することを視野に入れ、あらゆる場でスポーツを人間の調和のとれた

発育に役立てることにある。この趣意において、オリンピック・ムーブメントは単独

又は他組織の協力により、その行使し得る手段の範囲内で和を推進する活

動に従事する

オリンピックムーブメントとは活動(体)とでも言いましょうか、人間の尊厳を保ち、平和を推

進する活動をして、平和な社会を確立しなければならない、としている。オリンピックを支持

する中国政府は全くこれと逆のことを推進しているのではないかい、胡錦濤さんよお

オリンピック憲章2001年版の根本原則の6

オリンピック・ムーブメントの目的は、いかなる差別をも伴うことなく、友情、連

フェアプレーの精神をもって相互に理解しあうオリンピック精神に基づいて行な

われるスポーツを通して青少年を教育することにより、平和でよりよい世界をつ

くる ことに貢献することにある。

今の中国の有様では、内でも外でも、平和を確立するどころか、平和をつぶしている活動

をしているのではないかい、胡錦濤さんよお!

そんな人は、この和を尊ぶ大和の国のまほろばに、来てほしくは無いものだ。

それにしても、天壇公園の三重塔に、白ペンキでもかけられるのを防いでやろ

(終わり)