読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・次世代エコカー・本命は?(14)

ホンダはFCVのネックは、(1)高コストである、(2)水素ステーションの数が足りない、と言う二つだと言っている。

 

コストダウンについてはGMとの共同開発に相当期待しているようだし、水素ステーションについてはSHSSmart Hydrogen Station)を積極的に販売してゆくつもりのようだが、FCVに関してはいずれにしても現時点ではと言う注釈付きで、少し腰が引けている感じがしないでもない。

 

会社組織改革を進める中で、量産までの技術開発は、やはりFCVは荷が重いと判断したようだし、FCVクラリティのプラットフォームは、PHVにも重心を移すとする戦略も取らざるを得ない様だ。やはりZEV規制はどうしても乗り越えなくてはならない山となって、ホンダだけではないが、ホンダの前にもそびえ立ったようだ。PHVも当然持ち駒としなければ、FCV1本ではZEV規制は乗り越えられない。

 

 

2018ZEV規制とは、

 

純粋なZEVBEV(バッテリEV)とFCEVFuel Cell EV燃料電池FCV)のみとし、加州での販売には2%以上はPureZEVとしなければならないとし、Plug-In HVPHV)はTransitionl ZEVTZEV過渡的ZEV)としてジャンル分けされ、HVZEVから除外された。

 

LVMLarge Volume Manufacturers)(FCA、フォード、GM、ホンダ、日産、トヨタ)に対しては、

 

最低でもPureZEV2.0%販売し、最大でも2.5%TZEVを入れて、両ジャンルで4.5%ZEV関連の販売としなければならないものとなった。そしてPHVのバッテリ走行距離は70マイル(112km)が、1クレジットとされたのである。(EV走行距離別にクレジットが変わる、10km未満はクレジットなし。)

 

IVMIntermediate Volume Manufacturers)(BMW,Hyndai,Kia,LandRover/Jagar,Mazda,Mercedes-Benz, Subaru,VW)については、

 

LVMTotal ZEV Percent Requirement4.5%TZEV以上で販売しなければならないと言うのが、IVMZEVクレジットとなったのである。

 

細部は次の表を参照願いたい。

 

http://www.arb.ca.gov/msprog/zevprog/zevregs/1962.2_Clean.pdf より抜粋した。

( )内の注釈は我流の解釈につき、責任は持てないので悪しからず。

 

ZERO-EMISSION VEHICLE STANDARDS FOR 2018 AND SUBSEQUENT MODEL YEAR PASSENGER CARS, LIGHT-DUTY TRUCKS, AND MEDIUM-DUTY VEHICLES

 

§ 1962.2 Zero-Emission Vehicle Standards for 2018 and Subsequent Model Year Passenger

       Cars, Light-Duty Trucks, and Medium-Duty Vehicles.  

 

(P2途中より)

(E) Requirements for Large Volume Manufacturers in 2018 and through 2025 Model Years. LVMs must produce credits from ZEVs equal to minimum ZEV floor percentage requirement, as enumerated below. Manufacturers may fulfill the remaining ZEV requirement with credits from TZEVs, as enumerated below.

LVMsは、2018年には最低2%ZEVで、残りの2.5%TZEVで、4.5%ZEVクレジットを満足させなければならない。--LVM6社は最低限でも2%FCVEVを、加州等(★)では販売しなければならないと言う事。)

 

Model Years  Total ZEV   Minimum  TZEVs

        Percent   ZEV floor

        Requirement                 

  2018     4.5%     2.0%      2.5%

  2019     7.0%     4.0%      3.0%

  2020    9.5%     6.0%      3.5%       (以下P3~)

  2021    12.0%      8.0%      4.0%

  2022    14.5%      10.0%      4.5%

  2023    17.0%      12.0%      5.0%

  2024     19.5%     14.0%      5.5%

  2025    22.0%     16.0%      6.0%

 

§1962.2

Effective Date: 07/10/2014

      (F) Requirements for Large Volume Manufacturers in Model Year 2026 and Subsequent. In 2026 and subsequent model years, a manufacturer must meet a total ZEV credit percentage of 22%. The maximum portion of a manufacturer’s credit percentage requirement that may be satisfied by TZEV credits is limited to 6% of the manufacturer’s applicable California PC and LDT production volume. ZEV credits must satisfy the remainder of the manufacturer’s requirement.

2026年以降もZEVクレジットは22%が必要で、ただしTZEV6%に限定されている。従って16%ZEVとなる。)

 

  1. Requirements for Intermediate Volume Manufacturers. For 2018 and subsequent model

years, an intermediate volume manufacturer may meet all of its ZEV credit percentage requirement, under subdivision 1962.2(b), with credits from TZEV.
IVMsは、上表のZEVクレジットはすべてTZEVで満たさなければならない。)

   (4) Requirements for Small Volume Manufacturers. A small volume manufacturer is not required to meet the ZEV credit percentage requirements. However, a small volume manufacturer may earn, bank, market, and trade credits for the ZEVs and TZEVs it produces and delivers for sale in California.

 

 

 

§1962.2

Effective Date: 07/10/2014

(P5)

   (3) Allowances for TZEVs

 

        (A) Zero Emission Vehicle Miles Traveled TZEV Allowance Calculation. A vehicle that meets the requirements of subdivision 1962.2(c)(2) and has zero-emission vehicle miles traveled (VMT), as defined by and calculated by the "California Exhaust Emission Standards and Test Procedures for 2018 and Subsequent Model Zero-Emission Vehicles and Hybrid Electric Vehicles, in the Passenger Car, Light-Duty Truck and Medium-Duty Vehicle Classes," adopted March 22, 2012, last amended May 30,2014, which is incorporated herein by reference, and measured as equivalent all electric range (EAER) capability will generate an allowance according to the following equation:

 

  UDDS Test Cycle Range  Allowance

(P6)   (AER)          All Electric Range バッテリ走行距離                   

  <10 all electric miles        0.00

  10 all electric miles     TZEV Credit = [(0.01) * EAER + 0.30]

   >80 miles (credit cap)      1.10

EV走行:AER70milesとすると0.01×700.30=1.0となり、70マイル走行が一応EVと看做されると言う事か。そして80マイル以上では一律1.10のクレジットが与えられる。と言う事は90マイル以上EV走行できればPHVと言うよりもEVとした方がよい、と言う事になる。)

     1. Allowance for US06 Capability. TZEVs with US06 all electric range capability (AER) of at least 10 miles shall earn an additional 0.2 allowance. US06 test cycle range capability shall be determined in accordance with section G.7.5 of the “California Exhaust Emission Standards and Test Procedures for the 2018 and Subsequent Model Zero-Emission Vehicles, and Hybrid Electric Vehicles in the Passenger Car, Light-Duty Truck, and Medium Duty Vehicle Classes,” adopted March 22, 2012, last amended May 30, 2014, which is incorporated herein by reference.

 

 

(★)
知財コンサルタントが教える業界事情(19):ZEV規制から読み解く環境対応自動車の攻防〔前編〕 (1/5)

» 201504020900分 更新             [菅田正夫,MONOist]

http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1504/02/news001_5.html

 

トヨタの特許無償公開の背景は?

 トヨタの行動の背景には米国のZEVZero Emission Vehicle:無公害車)規制があると考えられます。20131024日、米国の西部2州(カリフォルニアオレゴン)と東部6州(ニューヨーク、マサチューセッツ、メリーランド、コネチカット、バーモント、ロードアイランド)の8州は、ZEV普及のための覚書に署名しました5

5米国8州が「ZEV普及の覚書」に署名(20131024日、PDF

 2012年のこれら8州の新車登録台数は約338.6万台であり、米国全体(約1431.4万台)の23.7を占めていたといいます。そのため、自動車メーカーにとって、ZEV推進策を無視した米国市場戦略はありえない状況になっています6

6ZEV普及の覚書」に調印した8州の新車登録台数(ジェトロ海外調査部、PDF米国自動車販売関連データ(R.L.PolkPDF

http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1504/02/news001_5.html より抜粋した。

(続く)