中国武漢・新型コロナウィルス(52)

なんと言っても中国は、中国武漢・新型コロナウイルスを自分で開発して世界にばらまきながら、知らぬ存ぜぬで素知らぬ顔をしてWHOを使っていい顔をしようとしている。許せない。 東京五輪2020も結局は、中止となってしまうのであろう。日本はどのように中国…

中国武漢・新型コロナウィルス(51)

そうするとなかなか収束することは無い、と言う事もあり得るのだ。これは大変な事である。こんなことであれば、中国を本当に滅ぼさなければならない。 新型コロナ収束まで3~5年? 集団免疫の獲得が条件 2020/4/30 16:35 日本経済新聞 電子版 新型コロナウイ…

中国武漢・新型コロナウィルス(50)

だから、トランプ大統領が中国人留学生の追放に乗り出したことは、理に適ったことである。 米、中国人留学生の追放検討 スパイ活動防止と報道 2020.5.29 09:13 国際 米州 記者会見に臨むトランプ米大統領=28日、ホワイトハウス(ロイター) 米紙ニューヨ…

中国武漢・新型コロナウィルス(49)

独首相がG7欠席も 政府「安倍首相が出席しない選択肢ない」 2020.5.30 18:19 政治 政策 ドイツのメルケル首相=4月23日、ベルリン(ロイター) ドイツのメルケル首相が来月下旬に米国で開かれる先進7カ国首脳会議(G7サミット)への出席要請を辞退し…

中国武漢・新型コロナウィルス(48)

1月17日からミャンマーを訪問し、さらに、19日から21日までは同国と隣接する南部・雲南省に入り、春節前恒例の地方視察を予定通り続けていたのだ。この間、武漢でのより深刻な状況について武漢市政府・中央の国家衛生健康委も詳細に報告する時間がなかったか…

中国武漢・新型コロナウィルス(47)

1月7日から9日頃、武漢に出張したある外資系医薬メーカーの社員によれば、市内で著名医師に会っても、医師らは「問題はない」と口を揃えたという。だが、独自取材で知られる中国誌『財新週刊』は、1月6日に武漢の湖北新華医院が院内各科の責任者を集めた会議…

中国武漢・新型コロナウィルス(46)

しかし、このビルト紙の強硬な主張に対して中国政府が即座に反撃した。すぐ翌日の4月16日、ベルリンにある駐ドイツの中国大使館がビルト紙への反論を公開書簡の形で発表したのだ。しかもきわめて激しい語調での反論だった。その骨子は以下のようだった。 「…

中国武漢・新型コロナウィルス(45)

だからこれが生物兵器だと悟られないために、武漢で「新型肺炎」を警告した医師たちを拘束して、罰した訳だ。 武漢で12月に警告発した医師8人、「デマ流布」で一時拘束 2020/02/10 07:00 NEWSポストセブン コロナの猛威は止まらない 今回の新型肺炎騒動では…

中国武漢・新型コロナウィルス(44)

その年を表現するのに、十干と十二支で表していた訳だが、十と十二の最小公倍数の60年に一回同じ干支となる訳であるので、・・・・・ 2020年の60年前の1960年は中国の「大躍進」政策の失敗が招いた最も悲惨な大飢饉(ききん)の年であった。 その60年前の190…

中国武漢・新型コロナウィルス(43)

しかしながら、中国に進出している企業にとっては、中国からものが購入できなくなることはそれ以上に危険な事態なのである。企業の存続にただちに直結するのである。慎重に対応して中国撤退を検討せざるを得ない事態なのである。 このような事態が動き出せば…

中国武漢・新型コロナウィルス(42)

これは一国二制度が定めた香港の「高度な自治」を骨抜きにするものである。 一国二制度とは、1997年に香港が英国から中国に返還されるときに、香港では「返還から50年間は、資本主義など中国本土とは異なる経済・政治制度を維持することが約束され、外交と国…

中国武漢・新型コロナウィルス(41)

なんと言っても、彼女は「コウモリ女傑」と呼ばれているほどの、新型コロナウイルスの専門家なのである。人工編集などはお手の物であった筈だ。 新型コロナで注目の“コウモリ女”が「中国から機密文書を持ち出して米国に亡命」情報の真偽 西岡省二 | ジャーナ…

中国武漢・新型コロナウィルス(40)

「新型ウイルス発生を警告 昨年3月に中国研究チーム、「対策急務」と論文」と欧州の学術誌に掲載されたと言う「コウモリの新たなコロナウイルスによる感染症」は、昨年2019年3月のことである。2019年3月には既に新型コロナウイルスの危険性を警告しているの…

中国武漢・新型コロナウィルス(39)

何らかの人為的なことが働いたとしか思えないのである。 だから、武漢の研究チームは自分たちがその研究に手を染めていたからそこ、その危険性を指摘したわけだ。今回それが現実になってしまった、と言う事。 新型ウイルス発生を警告 昨年3月に中国研究チー…

中国武漢・新型コロナウィルス(38)

中国武漢・新型コロナウイルスは、中国武漢で感染が拡大したことは、事実である。昨年12月から今年の1月にかけて、中国当局は情報を隠蔽して、しかも保菌者を全世界へ派遣して、感染を世界中に拡大させた。この初動が最大の間違いであった。武漢からはこの感…

中国武漢・新型コロナウィルス(37)

新型コロナウィルスは『日本人大量虐殺』のための生物兵器!?武漢P4現役研 究員の実名告発《後編》 孫向文 2020/3/20(金) 中国 [中国発新型肺炎] 石正麗研究員SciencePortal Chinaより引用https://spc.jst.go.jp/ こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。…

中国武漢・新型コロナウィルス(36)

これには2つの意味があった、と推定する。 Ⅰつは、海外旅行を禁止すると中国人民の不満が鬱積して、習近平政権に向かってくることを恐れたからだ。 2つ目は、この中国武漢・新型コロナウイルスの生物兵器としての効果、即ち感染度合いを調べるためだ。こち…

中国武漢・新型コロナウィルス(35)

新型コロナの終息宣言が出されるのかと思いきや、それは見送られたよ うだ。成長率目標の設定も見送られ、軍拡路線のみが強調された全人代だった、と思ってもよかろう。なんと言っても19兆円越えの軍事費を計上している。きっと生物兵器の研究開発にも、莫大…

中国武漢・新型コロナウィルス(34)

●頻発する実験生物の不法流出 次は、実験室にある実験用生物の流出は管理上の問題があります。 しかし、この実験室はとても杜撰な管理です。実験室内の動物を外に持ち出して転売したり、例えば、実験用の犬をペットとして転売する(協和医学院は実際あった事…

中国武漢・新型コロナウィルス(33)

カナダがパンダを中国に期限を待たずに返却すると言う。パンダは竹しか食べない変った動物で、珍しさのために一時動物園の人気者になった。 それを良いことに、中国は積極的にパンダ外交を進めた。高額な賃貸料の確保と(えせ)友好の促進のためだ。 パンダ…

中国武漢・新型コロナウィルス(32)

さて愈々、中国科学院武漢病毒研究所のコウモリ女傑と呼ばれてている石正麗副所長の出番である。 それでは、先に紹介した(5/8のNO.17)孫向文氏の「武漢現役研究員の実名告発」文を紹介しよう。 これは前編・中編・続編・後編と四部作となっている。まずは…

中国武漢・新型コロナウィルス(31)

さて中国は、豪州産大麦が不当廉売だとして、関税を80.5%も上乗せすることを決めてしまった。2020.5.19から5年間にわたって課税すると言う。オーストラリアは華為技術・ファーウェイの5G参入を禁止しているのも、中国にとっては気に障ることであった。だか…

中国武漢・新型コロナウィルス(30)

しかし、オーストラリアは牛肉の輸入が制限されても、中国に対しては正論で強気に押している。頼もしい限りだが、どんな結末になるか注視が必要だ。 中国が豪産牛肉一部禁輸 事前通告なく豪反発 コロナ発生源巡り対立 毎日新聞2020年5月13日 19時58分(最終更…

中国武漢・新型コロナウィルス(29)

4.だから「超限戦」なのである。枠にとらわれずに考えよ、と言う事である。即ち「非対称の戦争」である。強大なアメリカの戦力に勝つためには、現在は弱い中国は何をやってもよいと言うもので、ゲリラ戦、テロ行為、サイバー攻撃、化学兵器、生物兵器の使用…

中国武漢・新型コロナウィルス(28)

戦争の7領域に入る生物学 新時代の防衛分野でもっとも重要なのは生物工学の分野だ。生物の多様性と技術革新は、生物工学的軍事革命を再定義するだろう。2016年以来、中国中央軍事委員会は軍事脳科学、高度な生物模倣システム(バイオミメティクス)、生物学…

中国武漢・新型コロナウィルス(27)

さて次は「Japan Forward」と言う英語ニュース・オピニオンサイトに掲載された「中国は20年に渡り生物兵器の研究をやってきた」と言う論稿を紹介しよう。 これは2020.4.13の週刊正論編集部でも紹介されているものであるが、探してみると、その他いろいろなと…

中国武漢・新型コロナウィルス(26)

武漢市長へ六つの公開質問 上海の鉄道駅で、マスク姿で整列する中国人民武装警察部隊(武警)=2020年1月22日、上海市【EPA時事】 1月22日夜から23日未明にかけて「新型肺炎」に関して武漢市長が回答しなければならない六つの問題」という文章が、中…

中国武漢・新型コロナウィルス(25)

一寸長いが次の jiji.comの論考は良くまとまっているので、ご一読願う。 【地球コラム】新型肺炎、真実語らない政府の隠蔽体質習氏指示で情報開示、「人災」見方強まる 2020/01/23 新型肺炎の処置のため病院に搬送される患者=2020年1月18日、中国・武漢市【…

中国武漢・新型コロナウィルス(24)

パチンコ屋に関しては、暴力団とか北朝鮮系の団体とのつながり等が取りざたされたことがあるようだが、この休業をやらないパチンコ屋は、きっと北朝鮮とのつながりのある店ではないのかな。だからきつく金を上納せよと命令されているから、休業する訳にはい…

中国武漢・新型コロナウィルス(23)

米中がこの新型コロナウイルスの発症についてやりやっているが、トランブやポンペオのこの強気の発言が、いつの間にか強くなくなってきているようだ。 本当に証拠は確実なものなのか。 米中激突:ウイルス発生源「武漢研究所説」めぐり 遠藤誉 | 中国問題グ…